何だかもったいない?

何だかもったいない?

生命保険の中には、「掛け捨て」と呼ばれるものが多くあります。この掛け捨て、いったいどういう意味でしょうか。保険料は加入をしたときから支払うものですが、保険を使わない場合もありますね。もちろん、使わなければ支払った分は返ってくることもない、これが掛け捨てです。何だか損じゃないの?と考えてしまいますね。

せっかく保険料を支払ってきたのに、受け取ることがないままの保険なんでもったいないと思ってしまうかもしれませんが、保険の本来の意味を考えてみましょう。万が一に備えるわけですから、その万が一が起こらなければ返ってこないのも同然と思えますね。保険料を支払う人同士が助け合って保険金が必要な人へ渡っているわけです。

また、掛け捨ての場合は保険料が安くなっています。色々と生活費がかさんでいるけれど、万が一のことがあっては大変だから保障が必要・・というご家庭にとっては掛け捨てはとても助かるでしょう。特にお子さんが小さくて、将来多くのお金が必要になるけど、今の生活もギリギリ・・なんて家庭にも向いています。

掛け捨てなら高額な保障も保険料を抑えて加入できるところはメリットです。また、解約時に戻ってくるお金がないので、いつでも解約して保険を見直しやすいでしょう。

    管理人の必見インフォメーション

  • 妊娠中から出産のその時まで、快適にリラックスして過ごせる産婦人科を京都で探すなら、分娩時には助産師がそばについてリードしてくれるので安心です。また、退院後もサポートをしてくれます。

Copyright(C) 保険屋が思う、生命保険 All Rights Reserved.