保障額の目安

保障額の目安

生命保険に加入する際は、保障額がどれぐらい必要であるかを考えなくてはなりません。あればあるだけいいのでは?と思うかもしれませんが、保障額が上がれば上がるほどに毎月支払いをする保険料は高くなり、万が一に備えるにしては毎月の家計を圧迫してしまいます。
そうならないためにも、本当に必要な保障額を知る必要があるのです。

まずは、まだ小さなお子さんがいる場合について考えてみましょう。残すべきものは、やはり教育費です。教育費はトータルで計算をすると、かなりの額になるのはご存知でしょうか。公立や私立かにもよって変わってくるのですが、大学まで全て通わせる場合で、安くて1000万円です。私立などが入ってくるとなると、2500万円ほどかかる可能性もあります。

両親に万が一のことがあり、教育費が十分に残っていないとなると苦労するのはお子さんです。これにプラスで生活費も必要となりますから、まだお子さんが小さいときには多くの保障額が必要となります。

お子さんが大きくなって独立をしたら、この保障額は引き下げてもいいでしょう。500万円もあれば十分でしょう。それぞれお金を稼いで生活をできるようになったので、親が残しておかなければならないのは葬儀代ぐらいではないでしょうか。それも時間をかけて積み上げた貯金などでもまかなえるでしょうから、高い保険料を支払うよりも今の生活を楽しむほうにまわしてもいいと思います。

    Copyright(C) 保険屋が思う、生命保険 All Rights Reserved.