がん保険とは

がん保険とは

よく「がん保険」という言葉を耳にすると思いますが、これも生命保険のひとつです。名前の通りではありますが、がんに特化した保険となります。日本人の死因のなかで「がん」というのは非常に多いのが現実です。その分誰にでもかかるリスクはあるということから、がんに特化した保険が利用されるようになっています。

なぜ普通の生命保険ではいけないのかというと、がんの治療は高額になることが多いからです。また、治療期間も長期になるために、普通の生命保険だけではまかないきれない可能性があるからです。先進医療も使うとなると、自分で負担しなければならないお金も増えてしまいますので、がんの治療に使える保険はとても助かるものです。

なんといっても、お金に気にせず治療をできるというのは最大のメリットです。お金がかかるから・・・と心配しながら治療を受けているなんて状況、嫌ですよね。頑張って病気と戦うためには、余計な心配をしないで治療に専念する必要があります。患者自身もそうですが、その家族にとっても非常に心強い味方となってくれます。

がんになるリスクが増えてくる年代になれば、がん保険を別で加入するということも考えてみましょう。安心して治療を受けるために、やはりお金は必要です。

    Copyright(C) 保険屋が思う、生命保険 All Rights Reserved.